政治家

ゼレンスキーの5chでの演説要約がヤバい!スタンディングオベーションに違和感?

ゼレンスキー要約



スポンサーリンク

2022年3月23日18:00より

ウクライナのゼレンスキー大統領演説が日本で中継されました。

その直後にネット上で『わかりやすいけど軽い!』と話題になった【演説要約】が投稿されました。

いったいどんな内容だったのか調べてみました。



スポンサーリンク

 

5chで話題になった軽すぎる【ゼレンスキー演説要約】とは?

ゼレンスキー5chツイート

ゼレンスキー演説要約(5chより)

関西弁で軽いノリで書かれていますが、実際の演説内容を見てみましよう。



スポンサーリンク

ゼレンスキーの演説要旨

【ウクライナ・ゼレンスキー大統領国会演説要旨】

細田議長、岸田総理、国会議員の皆さま、国民の皆さま、本日は私がウクライナ大統領として初めて、直接皆さまにお話できることを光栄に思います。

ウクライナと日本は、8190km、飛行機に乗っても約15時間の距離があります。

ただし、わたしたちと皆さんの、お互いの「自由を感じる気持ち」は重なりあっています。そして「生きる意欲」にも差がないと思っています。 それを、わたしは2月24日(ロシアがウクライナに侵攻した日)に実感しました。

日本は多くの国々のなかで、最も早いタイミングでロシアへの非難、ウクライナへの支援を公表してくれたうちのひとつです。ありがとうございます。皆さまの、反戦の想い、平和への思いに感謝します。 日本はアジアのリーダーになりました。これは皆さんの努力のたまものです。

そして日本はウクライナへ手厚い支援を約束してくれています。日本はウクライナの平和の復活に動き出しました。 ただその支援も、残念ながらこの戦争が終わらないかぎり、わたしたちは安全を感じて受け取ることはできません。

ご承知のとおり、かつてチェルノブイリで、1986年に大きな事故がありました。放射能による事故があり、30kmゾーンはいまだに危険な地域で、事故当時に発生した瓦礫が土の中に埋められています。 2月24日に、まさにその土の上をロシアの装甲車が通り、放射能を含んだ土埃が舞い上がったのです。

そして皆さん、事故があった原子炉のことを想像してください。ロシアはウクライナの原子力発電所を戦場に代えたのです。彼らはウクライナへの攻撃の準備に原発の敷地を使っています。 この攻撃のため、ウクライナの国土の安全性を調査するのには、(すぐ停戦したとしても)何年もかかるでしょう。

現在ウクライナには15の原子炉があり、すべて危険な状況にあります。 すでに欧州最大のサボリージャ原発が危機に立たされているのです。 原発だけではありません。ガス、石油パイプライン、炭鉱、すべて危険な状況です。ロシアが危険な状態に晒しているのです。

彼らが攻撃した施設には、化学工場も含まれています。すでに危険な物質が漏れだしています。 そしてなにより、彼ら自身がサリンなどの、危険な化学兵器を使いつつあります。
ウクライナの街に、すでに1000発以上のミサイルが落とされました。多くの街では亡くなった隣人を葬ることさえできません。 数千人の人が亡くなり、そのうち121人は子供です。 そしてさらに多くの人たちが、家を離れて彷徨うことを強いられています。
今回、国連も安保理も機能しませんでした。
改革が必要です。誠実の注射(?)が必要です。
いま、ロシアによる攻撃によって世界が不安定になっています。
世界経済が不安定になり世界中の物流に被害が出ています。
「これからも戦争したい」という侵略者に強い非難が必要です。
メッセージが必要です。
日本からの、建設的なウクライナへの援助、支援に感謝します。
そしてロシアへのもう一段強い制裁の発動をお願いします。
ロシアが平和を望むような努力をしましょう。 ロシアによる(攻撃の?)津波を止めるために。
わたしたちはウクライナの復興を考えなければいけません。それぞれの人たちが故郷に戻れるようにしなければなりません。
皆さんは、住み慣れた故郷に戻りたい気持ちをご存じのはずです。
そして戦争を止める予防的な「ツール」を作る必要があります。侵略を防ぐツールです。
日本のリーダーシップはそのために発揮されるべきです。 皆さんは自信をもたなければなりません。
安定した社会を持つ日本の国民の皆さまが、わたしたちはともに手を取り合い一緒に努力すれば、より創造的な平和を築けるはずです。
日本の発展いちじるしい歴史はすばらしいです。
それは調和の歴史であり、文化を守る歴史でもあります。 ウクライナ人は日本の文化が大好きです
わたしの妻は日本が大好きです。先般、妻はあるオーディオブックのプロジェクトに携わりました。そこで日本の昔話をウクライナ語に訳したことがあります。
これはひとつのエピソードにすぎませんが、こうした例はほかにもたくさん見つかります。 わたしたちは、お互い遠く離れていても、価値観を共有しています。 そしてなにより、ロシアに対してさらなる圧力をかけることで、ウクライナに平和を取り戻すことができます。
反戦のためともに協力しましょう。将来、反戦の連立を作り上げましょう。 支援に感謝します。 ARIGATO GOZAIMASU。 ウクライナに栄光あれ、日本に栄光あれ。 (以上、拍手)

※引用Twitterより

だいたい先程の内容と一致していますね。

わかりやすく、親しみやすく要約してくれているようにも感じますね。



スポンサーリンク

ゼレンスキー5ch演説要約の元ツイート

こちらが話題になった元ツイートのようです。

ゼレンスキー5ch演説要約に対する世間の反応



スポンサーリンク

ゼレンスキー演説前のスタンディングオベーション(約1分)も話題に!

Image

ゼレンスキー大統領の演説のスケジュール内に【スタンディングオベーション】がプログラムとして1分入っていたことに違和感を感じる人が多数いました。

ゼレンスキー大統領
ゼレンスキーの通訳者はアンナミッシェル?下手で聞き取れないと話題に! 2022年3月24日18時 ウクライナのゼレンスキー大統領が国リモートで日本に向けて 演説を行いました。 その時の...