作家・文化人・ジャーナリスト

沖田臥竜のwiki経歴は?本名や現在の執筆活動などをまとめ!!



スポンサーリンク

2022年3月13日のガーシーchに名前が登場した『沖田臥竜』さん。

東谷さんにある俳優の暴露を辞めるようにDMを送って来たそうです。

東谷さんの動画では、、

  • 元ヤクザ
  • 現在はジャーナリスト、作家
  • 映画監修にも携わっている

などと紹介されていましたね。

一体沖田臥竜とはどのような人物なのか調べてみました。



スポンサーリンク

沖田臥竜の経歴は?

沖田臥竜さんが東谷さんに送ったDM『ある俳優』を暴露しないように 脅迫したの詳しい内容の記事はこちら。

沖田臥竜DM
綾野剛は終わった?沖田臥竜をつかって東谷義和に脅迫!?DMの内容は? 2022年3月13日に東田義和さんが新たな暴露動画動画を配信しました。 今回の内容は以下の通り 綾野剛が沖田臥竜...
沖田臥竜

名前:沖田臥竜(おきたがりょう)

生年月日:1976年2月

出生地:兵庫県伊丹市

出身地:兵庫県尼崎市

前職:元山口組系二次団体幹部

現職:作家、ジャーナリスト、映画監修等

沖田さんは、

六代目山口組『二代目大平組』で最高幹部務める。

2014年に引退して作家に転身。

山口組の分裂以降、ウェブメディアや週刊誌などで多数の記事を執筆し、山口組分裂に関する書籍や、小説などの著書を発売しています。

更に詳しい経歴はこちら。

  • 実家は自営業で商店などを経営していて、比較的裕福な家庭だった。
  • 15歳で暴走族へ加入した後、16歳で右翼団体に入った。
  • 18歳頃に暴走族を引退。
  • ある事件を起こしてしまい、尼崎を離れて2年間の潜伏生活。
  • 20歳を迎えて尼崎に帰ってきたが、逮捕状が出ていたため逮捕。
  • 1997年頃に21歳で自然とヤクザの道に入った。
  • 五代目山口組『松野組』傘下『緒方組』傘下『上田会』の組員。
  • 暴力団に加入して間もなく、傷害致死と死体遺棄の罪で逮捕。
  • 約8年間服役し、29歳で出所。
  • それから半年後に別の事件でまた逮捕。
  • 約4年間服役し、34歳で出所。
  • 前科の合計は8犯で、通算12年を獄中で過ごした。
  • 沖田さんは2回目の懲役を務めていながら、所属していた上田会に準じて二代目大平組へ移籍。
  • 服役中に六代目山口組『二代目大平組』傘下『上田会』の若頭になったとみられる。
  • 出所してからは、ヤクザを続けながら尼崎で飲食店の経営などの仕事をしていた。
  • 2011年09月頃に二代目大平組の直参に昇格。
  • 二代目大平組組長付きに起用された。
  • その後、二代目大平組若頭補佐。
  • 2012年頃に二代目大平組若頭代行に就任。
  • 2013年09月頃に二代目大平組の中村組長と若頭が逮捕されて不在になると、沖田さんが二代目大平組の最高幹部となった。

参考:http://yakuza893.blog.jp/okitagaryou1.html

  • 2014年05月、二代目大平組の中村組長は渡世から引退。二代目大平組は解散。

 

  • 沖田さんは親分である中村組長の引退に合わせて、自身もヤクザから引退して堅気となった。

 

  • 引退から約1年経った2015年06月頃から、アウトロー情報を中心としたニュースサイト『R-ZONE』にて記事を執筆し、作家としての活動を本格化させる。

 

  • ペンネームである沖田の名は、新選組で活躍した幕末の武士である沖田総司に肖って付けたという。

参考:http://yakuza893.blog.jp/okitagaryou1.html

沖田臥竜の主な作品とは

楽天ブックス: 死に体 - 沖田臥竜 - 9784846204242 : 本
  • 10年近くの月日をかけて執筆した連載小説『死に体』
生野が生んだスーパースター 文政 | 沖田 臥竜 |本 | 通販 | Amazon
  • 沖田さんと兄弟分である大阪市生野区出身のアウトロー『文政』を主人公にした連載『生野が生んだスーパースター 文政』
沖田臥竜/山下ユタカ『カリスマ』第五話: LAZY SMOKEY DAMN!
  • 沖田さんが原作で山口組分裂をモチーフにしたとみられる連載漫画『カリスマ』



スポンサーリンク

沖田臥竜の本名は?

沖田臥竜さんの本名は、、

崎田 俊昭(さきた としあき)

とういう名前でした。

ちなみに、作家名の『沖田臥竜』は新選組の『沖田総司』から名付けたそうです!!



スポンサーリンク

沖田臥竜は現在何やっている人なの?

沖田臥竜さんは、前述した作家活動ほか、

  • 週刊誌『週刊SPA!』のウェブサイト『日刊SPA!』や、サイゾーが運営するニュース情報サイト『Business Journal』などに記事を寄稿。

 

  • 『夕刊フジ』や『東京スポーツ』などの夕刊紙やスポーツ新聞、『アサヒ芸能』や『週刊SPA!』や『週刊ポスト』などの週刊誌に、インタビューや執筆記事が掲載。

 

  • 2021年に公開された映画 『ヤクザと家族The Family』の監修

など多岐に渡った活動を広げております。

『Business Journal』のコラムでは最近東谷義和さんを取り上げられております。

現在、異常な騒ぎを見せている暴露系YouTuberである東谷義和氏の「ガーシーch【芸能界の裏側】」。

先だっての配信では、城田優に爆弾を落とすとして、数年前に女優の西内まりやさんを襲った投資詐欺を言及。そのほか、ガーシーの言いたい放題は凄まじい勢いで、戦々恐々としている芸能人や芸能事務所も少なくない。広い芸能界の一端に人脈を持ってきた素人オジサンが、突如、スポットライトに照らされる存在になったのだ。

しかし、行き当たりばったり感は否めない。投資詐欺問題についても、〈一般人から逮捕者を出す可能性がある!〉としながらも、〈いまさら事件がどうこうなるわけでない〉〈多分、犯人は、刑務所に入ってるのかな〉〈事件がどうなったかわからない〉などと、曖昧な言動が目立つことになった。(一部抜粋)

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2022/03/post_283336.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.



スポンサーリンク